3月 162016
 

3月に入り少しずつ暖かい日が増えてきました。西荻塾の高校入試は3月2日の都立高校学力検査の合格発表を以て中3塾生全15名の入試が終了しました。それぞれ、4月から始まる新しい場での生活に胸を躍らせていることと思います。西荻塾講師一同、皆さんの今後の活躍を期待しています。

ここでは入試終了をうけて、西荻塾としての2016年度高校入試を振り返っていきたいと思います。

■春、塾生のポテンシャルをいかに引き出すか

この春高校に進学するの西荻塾中3生の特徴を一言で言うとすれば、「ポテンシャルはあるがそれを生かしきっていない」であろうと思います。高校入試は毎年多少なりそういう側面がありますが、今年は例年以上にそう感じさせる学年でした。

たとえば、西荻塾に来るまでの学習スタイルがあわなかった子。公立中高一貫入試を経験した子。効率的な勉強の仕方を考えたことのなかった子。センスがありながら英語で1を取ったことがある子。生活リズムに課題がある子。どの子をとってもやり方一つで確実に伸ばせると直感する塾生たちが数多くいました。

そういうわけで、彼ら・彼女らは学校での成績がそのポテンシャルに見合ったものではなく、「自分はこの程度なんだ」と無意識のうちにどこかあきらめのようなもの持っており、ゆえに学習へのモチベーションがそれほど高くはありませんでした。「塾生に寄りそう」ことを大切にする西荻塾中学部の講師陣は、この部分を生徒各自が変えていけるように働きかけることからスタートします。

■夏、合宿で大きな変化が。

大きな転機は夏期合宿に訪れます。4泊5日で延べ40時間近くの学習に取り組む合宿は、塾生にとっては未知の体験です。疲れの見え始める夏期講習会の後半に実施する合宿を、全員が乗り切ったことが参加者にとって一つの自信になったように思います。

「行く前は無理だと思ったけれど、ちゃんと勉強できた。」「勉強するって、ちょっと楽しいかもしれない。」「前よりもずっと勉強がわかるようになった。」これらは合宿後の感想です。書けば月並みな文句ではありますが、それを口に出して言えるようになるには大きなハードルを越えなければなりません。確信、とまでは言えないまでも、やれるかもという手応えを合宿でつかみ二学期を迎えました。

■秋、数字が伸び始める。

夏期講習期間の最後の日曜日を皮切りに、入試問題形式の模試受検がおよそ月一定例になります。今年は模試で例年以上にはっきりと結果が出ました。もっとも、安定した成績を継続するまではもう一歩のところというのが何人もいましたが、模試の回を重ねるごとに生徒の顔つきが少しずつ変わり、授業外で塾に自習に来る生徒が姿が徐々に増加。結果が出たことが自信につながり、もっと伸ばしたいという生徒それぞれの欲がようやく出てきたのがこの頃でした。秋が深まるにつれ、その気持ちは強まっていったように感じます。

ここまで気持ちが前向きになれば、後は冬を一気に駆け抜けるだけです。

■冬、厳しい入試に備えあれば憂い無し。

西荻塾は今年度入試に向けて、多くの塾生が受験する都立入試についてこれまでよりもさらに入念に準備できる体制を整えました。ターゲットは難化する社会・理科そして国語の作文と英語リスニングです。

特に力を入れたのは社会・理科です。平成25年度入試以降、社会・理科の都立入試問題は明らかな難化傾向をたどっています。平均点が下がるだけでなく、解ききるのに要する時間も長くなりました。またこれまでそれほど得点力向上に決定的な要素ではなかった知識を問う場面が散見され、従来の都立対策では合格に必要な得点を取りにくいテストになっていると西荻塾は見ています。

そこで、今年は社会・理科で知識の総ざらい特別講座を秋から冬に開講しました。これまで通り「読解」を大切にすることはさることながら、そこに「知識」を身に付ける時間を確保するためです。

11月から1月までの週末を利用し、徹底して知識中心の復習を図りました。ただでさえ模試や学校見学そして中学校の行事に忙しい中、多くの塾生が受講し最後までやりきることができたのは、受講者にとって大きな財産になったと確信しています。そして、本年度入試はこのトレーニングの成果が合格の決め手の一つになったことでしょう。

■そしてまた、春。

3月2日。都立高校を第一志望とした塾生13名のうち11名が合格を勝ち取りました。社会・理科の難易度がまた上がったにちがいない今年度入試、残念ながら全員とはなりませんでしたが、多くの塾生がその荒波を乗り越えることができました。

始まりの春の「ポテンシャルはあるがそれを生かしきっていない」という今年度の初感について、「こいつら、まだ余力あるな」の感想を以て年度を締めくくろうと思います。それくらいこれからが楽しみな新高1がたくさんいます。

たとえ短期の努力であってもそれが反映される場。その最後の機会が高校入試だろうと思います。だから、そうした体験をきちんとして欲しいとどの塾生に対しても願います。「今期のアニメ見てません。」「お絵書きするのやめました。」と話す女子や、言わずとも自習に来ることをルーティンとしていた男子。始動が遅かった部分があるとは言え、他はさし置いて決めたことをやる生徒が例年以上に多かった一年でありました。こうした自発性をそれなりにつくることができたのは重要な要素だったと思います。

■最後に

さて、塾ではすでに新高1生の授業を開始しました。高校受検を終えた塾生のうち10名超が参加し次の目標に向けてすでに始動しています。ここからはまた別の話となりますが一言申し上げると、西荻塾での高校入試合格とは、次の目標に向けて走り始めた新高1をあと3年サポートしていくと決意する瞬間でもあるのです。

ともあれ、最後に2016年度高校入試を戦い抜いた塾生15名に心から敬意を表します。あわせて、当塾の指導にご理解とご協力をいただきました塾生保護者のみなさまへ、心よりの感謝を申し上げます。

さあ、次は新中3の出番です。

 Posted by at 4:06 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.