njm

自転車でお越しの塾生へ

 お知らせ  自転車でお越しの塾生へ はコメントを受け付けていません。
9月 282017
 

最近教室脇の駐輪場に塾ステッカーのない自転車(つまりは違法駐輪)が散見され,塾としては大変困っております。そこで,自転車で通塾する塾生のみなさんにお願いがあります。塾からステッカーをもらっていない(自転車後輪部分に貼っていない)人は,塾スタッフに声をかけ,ステッカーをもらって貼って下さい。

今後,少しの猶予期間を設けますが,少なくとも10月半ば以降はステッカーのない自転車は即日撤去の対象と致します。誤って撤去されることのないように,また,私たちとしても大切な塾生諸君の自転車を誤って撤去することは避けたいので,くれぐれも上記ステッカーの件をよろしくお願い申し上げます。

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 2:31 PM

司法試験合格を受けて【後編】

 web通信  司法試験合格を受けて【後編】 はコメントを受け付けていません。
9月 192017
 

2015年夏から,西荻塾の全スタッフ,通ってくれる生徒諸君全員とともに歩んできたのですが,正直なところ,司法試験に合格する見込みなんか一度としてたったことはありませんでした。今回だって,まともに勉強できたのは,おそらく試験直前の2ヶ月弱です。これは,たった2ヶ月で自分が受かったことを裏側から自慢したいとか,それほどまで勉強時間が圧迫された業務状況に恨み言を言いたいとか,そういう矮小なことは,本当に,全く,心から,これっぽっちもありません。ここで何を申し上げたいかというと,特にいまを苦しんでいる西荻塾在塾の受験生諸君に,精一杯やれるだけのことを,与えられた環境で行ったらば,あとの結果はご縁なのかもしれないよ,ということをいって差しあげたいだけなんです。

 

私は,周りの多くの方々の助けで,ここまでなんとかかんとかやってこられました。独力で何かを成し遂げられたことなんて,おそらく何一つありません。そもそも,今回,5月にまるまる一週間お休みをいただいてのうのうと受験できたのは,そうした環境を整えてくれた当塾全スタッフの協力なくしては叶わないことがらでした。皆皆すべておかげさま。

自然とこのような心持ちになれたことが最大の収穫といえるかもしれません。なにはともあれ,受験指導者あるいは教育者の端くれとしては,落第司法試験受験も大学受験も含めた,これまでの私の遠回り人生の全てが,意義のあるものになるだろうと思っています。

まず,このように遠回りしただけ,受験生としてやってはいけないことが何かということについてわかる(事例を多く経験している)。また,受験生活では様々な局面で,大なり小なり何らかの問題,トラブルが発生しますが,トラブルの場面でどのように対応することが適切かを経験上語ることができる。さらに,当然のことながら,具体的な学習の場面で,何をどのようにやったら最終的に合格できるのか,ということを,これこそ経験をもって語ることができる。特に,昨年度までは第一志望の夢を叶えるという経験を自分自身していなかったのですが,今年度からは,そのことも含めてお伝えできるというのは本当に大きいと思います。生徒に対し,自分の経験のエッセンスを抽出して語り,しなくてよい遠回りをさせないような方策を立て,実践することができる(純粋に教育の観点に立てば,遠回りも意義があるのですけども,高校受験は1回だけですからなるべくなら合格してもらいたいので,このうように考えます。)。

 

以上,長々と語って参りました。これ以外に私という人間を構成する経験値,特に講師として役に立ちそうな経験値はほとんどないと思います。初めて私という講師を知ってくださった方には,こうした思いで生徒を担当させていただく講師が西荻塾にはいるということを併せてお見知りおきいただければと思います。講師の研修等は主に私が担当させていただいていますが,研修時にもこうした考えを前面に押し出しております。こうした考え方は,当塾の根本理念にかなうものだからです。

すでに私どもにお子様をお預けいただいている保護者の方。当塾の在り方・指導理念にご賛同いただき,心より感謝申し上げます。お預かりしているお子様一人ひとりに,愛情と責任感を持って,私たちの能う限りの受験指導をさせていただきたく思います。

また,初めて当塾Webページをご覧になっておられる,塾をお探しの保護者の方。これまで縷々述べて参りました内容にご賛同いただけるようでしたら,当塾がぴったり,かもしれません。体験授業を受けられてから,入塾の是非をご検討いただければと思います。

 

それでは,最後までお読みいただいてありがとうございました。今回の合格で,私は10年来なりたかったものになる資格を得ました。もっとも,月並みではありますが,ここはスタート地点に過ぎません。私自身に勉強不足なところはまだまだ限りなくあります。もっともっと研鑽を積み,これまで以上に受験指導の専門家として,目の前の生徒の指導に邁進して参ります。どうぞ,今後とも西荻塾をよろしくお願い申し上げます。

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 9:58 PM

司法試験合格を受けて【中編】

 web通信  司法試験合格を受けて【中編】 はコメントを受け付けていません。
9月 192017
 

前編にてお話ししましたように,小学生中学年頃の会話以来,弁護士(になる?)というものが,私の頭のすみっこに極めてうっすらとではありますが,ずーっと現在に至るまであり続けました。いつかはわからないし,今すぐにとも思わないけれど,いつか遠い将来,そういう方向に自分が進むような,そんな予感。その程度の感覚でした。やがてそのような中,高校受験を経て,将来への確たる目標を決めかねたままの大学受験期,単につぶしが利くからということを公称しながら,法学部を志望しました。もっとも,それは建前で,実のところやはり司法試験を将来的には自分が受けるのだということを考えていたのだと思います(なお,関係ありませんが,司法試験は法学部に通わなくても全く問題なく受験・合格できます。念のため。要するに,そんなことすら知らないレベルの認識だったということですね。)。そのこととは直接関係ないだろうとは思いますが,2浪もするも,東大は受からず,某私大の法律学科へ入学。特に人生に悲観することはありませんでしたが,それなりに敗北感や挫折感は味わいました。そして,大学1年生も終わりのころに某中堅学習塾(現在は大手といえる規模になっています。異様な速度で巨大化している塾でした。)にて,現在に続く自分の講師人生が始まりました。

司法試験の勉強を始める前,なぜこの教育業界に入ったかという点を述べますと,最初は単純に時給が良いから,という程度のことだったと思います。もともと人に何かを教えることが好きな世話好き体質だったこともあり,次第に勉強よりも仕事に没頭するようになりました。

自分が生徒だったら,こんな先生に習いたい。勉強に苦しむ目の前の生徒同様の状況に自分があったとしたら,こんな言葉をかけてもらいたい。自分が中高生のとき,こんな先生に出会いたかった。

いつしか,そうした理想の講師像を胸に仕事と対峙するようになり,やがて,心からお金は二の次になりました。夜を徹して授業の準備をしたり,同僚講師と業務外でも延々と(始発の時間まで)議論をしたり。時給に換算したら,一体いくらになるのか,というくらい泥臭い業務状況でした。しかし,全く苦にならない,といったら多少の嘘をはらみますが,ほとんどいやにならない。つまりは,教育という分野が私の性質に合っていたのでしょう。

やがて,仕事先の同僚で,自分の4歳年上の先輩が司法試験に合格され,検察官になられました。先日,私の合格祝いをしてくださるということで,お会いしてきました。高度に政治的な内容もあり公表できませんが,かつてともに仕事をさせていただけていたことを誇りたくなるくらい,大変なご活躍でした。ちなみに,世間を騒がせている,某政党を人倫にもとる理由で某週刊誌にスクープされたことがきっかけで離党した,某女性政治家がもともと検察官でしたが,彼女がこの先輩と同期だったというのはちょっとした驚きでした。

さて,話がそれましたが,先輩の司法試験合格は,私のなかで自分は司法試験をどうするのか,という少し現実的な問題を突きつけてきたと思います。心がチクリとするような,そんな感覚がしたことを今でもリアルに覚えています。いよいよ目を背けていることはできなくなった,そんな,少し胸が詰まるような心持ちがしました。

そこからはしばらくの葛藤もありつつ,勉強方法も0から模索しながらの受験勉強の開始でした。当初は苦労の連続でした。自分に合った勉強方法は大学受験で見つけていたつもりでしたが,自学自習でどうにかするという骨太の学習姿勢はまだ身についていなかったようです。加えて,法律という分野のとっつきにくさときたら,最悪でした。何しろ,教科書と呼ばれるものを読めど,ほとんど意味がわからない。それでいてちまたには数多の参考書・問題集があふれていて,どれがどのような用途に向いているのかといった情報も不足していました。こんなことをしていて,一体いつ自分は合格できるのか。暗澹たる気持ちでした。2005年ころのことだったろうと記憶しています。

そんななかでも,継続して塾講師として食い扶持を稼いでおりました。適度に仕事に入ることは,受験勉強の合間の息抜きとしては好都合でした。もっとも,上述の通り,仕事に比重がかかりすぎる日もあり,なかなかバランスをとることが難しかったです。ただ,受験勉強を始めてからの塾講師としての指導はずいぶんとやりやすい面がありました。何しろ自分が受験生ですから,年を重ねているとはいえ,本質のところで生徒と目線がずれるということがほとんどありません。目の前の生徒がつらい,苦しいと思っていることは,私もつらい,苦しいと心から思えるわけです。そして,現在進行形の受験生活の中から得られた勉強への知見は,そのまま担当している生徒に還元できる。そして,担当生徒に対して私が投げかける言葉は,すべて自分に返ってくる。何しろ自分も受験生なわけです。これ,なかなかシャレにならないくらいしんどい面もありました。ですが,だからこそ,生徒にも本気で向き合うきっかけになるし,そのことが自分を律するきっかけにもなりました。

全体なかなかに苦しい面もありましたが,この世話好き体質が,こうした毎日にやりがいを感じないわけがありませんでした。少しずつ受験勉強の感触・手応えをつかみ始めてから,いつしか「受験指導のための資格取得」という道を意識するようになりました。資格取得のための,生活費の稼ぎのための受験指導,ではなく,資格のための勉強から得られた知見を受験指導に活かす,という在り方。もともとの目的が手段となってこそ,自分の中では重要な意義を果たすというように考えるようになったわけです。つまるところ,教育に関する魅力に完全にとりつかれた,というのが現在の私の在り方を決定づけたといって良いように思います。おそらく2007年,2008年あたりのことだったろうと記憶しています。

その後の私の足取りについては,本論から少々外れますので割愛しますが,本当につらいことも楽しいことも,たくさんのことがありながら,2000年も二桁台に入ってほどなく,たまたま合格できた某国立大学院で赤星講師と運命の出会いを果たします。2階のロビーで掲示板を見ている私を,コーヒー片手に赤星講師が声をかけてくれたあの場面は,今も鮮明に覚えています。これもご縁,なのでしょうね。この出会いこそが,私が後に当塾にご縁をいただいたきっかけでした(講師紹介をご参照ください。)。

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 9:58 PM

司法試験合格を受けて【前編】

 web通信  司法試験合格を受けて【前編】 はコメントを受け付けていません。
9月 192017
 

冒頭,私事で恐縮ですが,このたび高校受験部統括の任をいただいております私,野中は,平成29年度司法試験に合格をいただきました。

とはいっても,勉強期間3年,受験回数1回,大学在学中に合格という猛者(いわゆるエリート)もいる中で,大学卒業後からのんびり勉強を開始し,足掛け10数年,受験回数4回というぎりぎり崖っぷちでの合格でした。正直いって司法試験受験生としてはあまりに凡庸な,言ってしまえば落第生です。

そもそも,なぜ司法試験などというマニアックな試験に挑戦し続けていたのか,というと,小学生のころ,母親との会話の中で,おそらく冗談だっただろうと思いますが,弁護士になったらどうかということが話題に出たのです。おぼろげにしか覚えていませんけれども。当時,確か小4くらいだったでしょうか,弁護士などという仕事がいかなるものかなど知る由もありません。しかし,30代も半ばを過ぎたころまで勉強を続けるきっかけの一つには間違いなくなった。不思議な気持ちがしますが,何気ない会話が人生に大きな影響を与えることの一事例といえるかもしれません。そして長じていくにつれて,弁護士という職業の持つ社会的ステータス,ブランドに対し,資格が得られるならば得ておけばよいか,ぐらいの(かなり邪な)動機で勉強を始めたのでした。

いまにして思えば,他の司法試験受験生が(本当に思っているかはかなり疑わしい事例を多数みてきましたが)「社会正義のため」等の大変高級な動機で勉強しているのに対し,自分はといえば,上記のようなかなり薄弱な動機で勉強していたものですから,おそらく受験にかける馬力がそもそも足りていなかったのでしょう。ずいぶんと時間をかけてしまいました。

さて,この後の記事では,少し(どころか大分)前まで振り返ってみたいと思います。長くなりますが,お付き合いいただければ幸いです。全部で5000字を超えてしまいましたので,これもまさかのシリーズ物になりました。いつも長くてごめんなさい。

 

高校受験部統括 野中

 

 

 Posted by at 9:52 PM

【内部生限定】祝日教室開放

 web通信  【内部生限定】祝日教室開放 はコメントを受け付けていません。
9月 172017
 

9月18日(月)は祝日は、カレンダーとしてはお休みの日ですが、当塾は通常通り授業を実施いたします。その関係で、教室を内部生に限定し、午前中から開放いたします。

通常、15時開室予定を、明日については学校が休みであり、かつ、多くの学校が中間試験前であるという状況に鑑みまして、10時開室といたします。おそらく台風は通過済みだろうことから問題はなかろうと思われますが、万が一荒天などの事情により開室が難しいというような場合には、当ブログ上にてご連絡差し上げますので、続報にご注意ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

高校受験部統括 野中

 Posted by at 5:04 PM

【内部生限定】日曜教室開放(随時補講等実施予定)

 web通信, お知らせ  【内部生限定】日曜教室開放(随時補講等実施予定) はコメントを受け付けていません。
9月 152017
 

開室予定時刻

9月17日 9:00~17:00

なお、当日台風が接近するとの情報があるようです。場合によってはもっと早く締めざるを得ない場合があります。WEBページにてお知らせしますので、ご注意ください。

 

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 1:07 AM

秋からの西荻塾高校受験部の開講講座

 web通信, お知らせ  秋からの西荻塾高校受験部の開講講座 はコメントを受け付けていません。
9月 062017
 

怒濤のような夏期講習を越えて,いよいよ2学期が始まりました。そして,神明中学校を皮切りに,早速2学期中間テストの予定が目白押しです。

別記事にてお知らせしておりますように,テスト対策としてはレベルアップ講座の実施を予定しています。このほか,当塾高校受験部の2学期の予定を,大まかにではありますが,以下に記載いたします。

【中1・2生対象】

・レベルアップ講座

→ 上記の別記事をご参照ください。

【中3生対象】※いずれも9月開始。毎週土曜日実施。詳しくはお問い合わせ下さい。

・都立高校入試対策・理社特急講座

→ 今年で3年目の当塾名物講座です。過去2年とも大変好評をいただきました(累計受講率82.3%)。教科書ベースの基礎知識を,中1内容から直近内容まで4ヶ月で総まくりする講座です。都立校合格に必要な水準を確保するのに必要十分な教材は教科書がベスト。しかし,いまからすべてをやり直している時間はない。ではどうすればよいか。答えは,西荻塾スタッフの経験に裏打ちされた取捨選択により,必要最小限の復習をざっと通してしまうこと。最短距離で合格までの道のりを駆け抜けましょう。

・都立高校入試対策・英数入試演習講座

→ 一般的な試験合格への勉強のカタチというものは,過去問をいかに解きこなすかという点に尽きるでしょう。過去問には問題作成者たる東京都教育委員会のメッセージが詰まっています。それは,問題と真摯に向き合い,適切な解説の上に理解をし,徹底反復によってはじめて読み解くことができるものだと思います。本講座では,最高の勉強道具たる過去問を軸に,試験時間の使い方に至るまでを実際の問題演習を通して肌にしみこませること,その上で,合格水準点獲得に必要な解答力の養成を図ることを目標としています。余分な時間を割いている暇のない9月以降,私たちとスマートな受験勉強を展開していきましょう。

・レベルアップ講座

→ 中3生対象のものは別途お知らせいたします。塾内生限定の日曜講座(参加無料)などもご連絡いたしますので少々お待ち下さい。

 Posted by at 4:49 PM

レベルアップ講座(参加無料)開催のお知らせ

 web通信, お知らせ  レベルアップ講座(参加無料)開催のお知らせ はコメントを受け付けていません。
9月 062017
 

塾生には先日来,お便りを配布していますが,標題の通り,2学期中間テスト対策・レベルアップ講座を実施いたします。

特に神明中学校は初日が14日(木)と,大変早い日程なので焦っている塾生その他の学生さんは多いのではないでしょうか。

私たち西荻塾スタッフとしては,直前まで試験対策のお手伝いをすることで,少しでも皆さんの結果に貢献できれば,という気持ちです。

日程は暫定的ながら以下の通りです。変更があった場合には当ブログにてお知らせいたします。

参加無料です。持ち物は筆記用具とやる気。多くの方の参加をお待ちしております。

【実施予定日】

※中1・2生対象。中3生は原則塾生のみ参加可能。塾外生の中3生はご相談ください。

  • 9/7(木)19:20~21:00
  • 9/9(土)19:20~21:00
  • 9/14(木)19:20~21:00
  • 9/16(土)19:20~21:00
  • 9/21(木)19:20~21:00

高校受験部統括 野中

 

 Posted by at 2:55 PM

夏期合宿・夏期集中講座スタート!

 web通信  夏期合宿・夏期集中講座スタート! はコメントを受け付けていません。
8月 202017
 

合宿組は昨日から、

集中講座組は本日から、

それぞれ始動いたしました(日程はいずれも明日まで)。

 

集中講座はこの2日間で、のべ18時間、

合宿は2泊3日で上記に加え自習指導時間が付属します。

いずれのコースもなかなかの勉強量が確保できる構えとなっています。

 

内容については入試実践演習の第1回目という位置づけです。

得点はもちろん重要ですが(各クラス・志望校別で目標得点を設定しています。)、

第1回目ですので、試験時間が設定されている中で、いかに緊張感を持って解答し続けるられるか

という意味での持久力をかん養することも重要な狙いです。

緊張疲れでミスを連発するという最悪のケースに陥ってはなりません。

つまらないミスを極力減らしていくことも、きちんと心構えをもって訓練すれば十分達成できます。

今回はこうした点を重視していこうということですね。

 

さて、そろそろ子どもたちの解答時間が尽きようとしています。

これから解説授業に行って参ります!

 

 

高校受験部統括 野中

 

 

 Posted by at 9:43 AM

夏期講習第4ターム開始

 web通信  夏期講習第4ターム開始 はコメントを受け付けていません。
8月 062017
 

あっという間に8月になりました。

当塾夏期講習は、

ついに中3生のみの第4タームへ突入しました。

さすがに塾生にも疲れが見え始めたところです。

しかし、指導者の側は、元気いっぱい

ぐいぐい引っ張っていく所存であります。

塾生諸君にも、われわれの熱気に負けず

頑張ってもらいたいところです。

 

ところで、中1・2生のみなさんは、

学校の宿題は進んでいるでしょうか。

以前お知らせしたとおり、

8日は登塾日です。

終了した宿題や一覧表をもって元気な顔を見せてくださいね。

 

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 11:03 AM