高校受験部・授業参観のおしらせ

 お知らせ, 中学部  高校受験部・授業参観のおしらせ はコメントを受け付けていません。
11月 162017
 

塾生保護者の皆様,日頃,当塾の教育方針にご賛同下さり誠にありがとうございます。塾をお探しの保護者の皆様,当塾WEBページをご訪問下さり誠にありがとうございます。今回は,授業参観の開始について以下のようにご連絡いたします。

  • 参観可能な日程

参観可能日を以下のように設定いたします。ご都合のよいときに,それこそ5分程度でも立ち寄れるというのであれば,どうぞ遠慮なくお越し下さい。ご自由に立ち入っていただき,ご自由にご退室いただけます。なお,下記の時間帯においては,基本的に講師は全員授業中です。したがって,詳しい説明などをご希望の場合は授業終了までお待ちいただくことになります。その点だけご容赦ください。

曜日 金曜日・土曜日

(原則毎週実施の予定)

時間帯 19:30~21:00
  • 授業参観決定の経緯

西荻南校の校舎は,外の通りから教室の内部をご覧いただくことが物理的に困難な構造となっております。強固な石造りのベランダなどもあいまって,さながら難攻不落,鉄壁の城塞といった様相を呈しております。

私たち西荻塾スタッフは,ブランド力のある大手の塾さんにも負けないサービス(当塾の主力商品は授業と学習上のケアです。)を提供している自負がございます(筆者は,大手にはできないことができつつあると考えています。詳しくは別の記事にて申し述べたく思います。)。そうであれば,なるべくそれを日頃からお子様をお預けいただいている保護者の皆様や,塾をお探しの保護者の皆様に知っていただきたい,ご覧いただきたいと考えるに到りました。

そこで,今回は標題のように,当塾の授業をぜひ参観していただこうという決定を致しました。

 Posted by at 9:43 PM

2017年度西荻塾冬期講習会概要

 お知らせ, 中学部  2017年度西荻塾冬期講習会概要 はコメントを受け付けていません。
11月 102017
 

2017年度冬期講習会の授業内容です。学年ごとにご案内いたします。

☆★本講習会の要項はこちら★☆

※11/20追記

加えて,神明中は12月25日は6時間授業だということから,神明中の3年生については別途指示を出させていただいております。塾生および保護者様において不明な点があれば,塾スタッフまでお気軽におたずねください。

※11/17追記

宮前中以外の多くの学校が12月25日に終業式を行うということで,中3生の講習初日の時間割の扱いに変更が生じています。詳しくは,塾生に直接お便りを配布しております。それ以外の学年については影響がないので,従前どおりの日程にて講習会を開催します。

・マスタークラスの授業

マスタークラスの眼目は,教科書レベルをきっちりと,という点にあります。その上で,得意を伸ばしたい子(マスターαクラス)には入試問題手前レベル程度の応用問題を,基礎を充実させたい子(マスターβクラス)には徹底した反復トレーニングを提案します。

・選抜クラス(英数)の授業

選抜クラスの眼目は,全国公立共通問題レベルをベースラインとして,難関国私立・全国公立自校作レベルの問題を用いた解答力の養成という点にあります。ただし,これは,いたずらに難問奇問ばかりを扱うという意味ではありません。そうした指導を行うことは,無駄が多いばかりか有害ですらあります。そうではなく,限られた良問の(つまりは汎用性の高い)解法を修得することで,解ける問題の量と質を上げていきます。そして,より実践的観点からは,受験会場で初見に見える問題が,解きうる問題なのか,捨てるべき問題なのかを判断できるような視野を獲得することを目標とするものです。

【中学1年】

・マスタークラス数学

今年度の冬期講習では,学年末テストをにらみ全体的には教科書準拠レベルの問題集を不足なく解けるレベルになることを目標とします。具体的には,教科書準拠問題集の解法修得が目標です。今年度の前半の内容,正負の数・文字式・方程式(特に文章題)・比例と反比例の扱いを補助的に扱いながら,メインは平面図形と空間図形とします。バランスよく復習しないと学年末テストは得点がとれません。ここはひとつ,気合いを入れて頑張りましょう!

・マスタークラス英語

現在進行形と過去形のインプットを行い,学校の進度を先取っていきます。両単元は今後の英語学習の中でも重要度が高い上,学年末試験をにらみ,早々に着手する必要性が高いからです。教科書準拠問題集を主体として,まずは原理・原則から取り扱っていきます。

・選抜クラス数学

9月から行ってきたレギュラー授業に引き続き,全国公立共通問題レベルの過去問演習を行っていきます。公立共通問題レベルとはいえ,愛知県や熊本県など,自校作に匹敵する良問・難問が出題されることはままあります。体系的な理解と広い視野の獲得を目指し,一題入魂の授業にしていきましょう。

・選抜クラス英語

中2の内容のインプットを順次行っていきます。その趣旨は,数学同様,カリキュラムを前倒して実施することで,後に難関校突破のための演習時間を確保する点にあります。学習ペースについては,無理なくしかし甘やかすことなく,といったものにします。復習は必須です。毎回の授業で出題される宿題をきちんと行っていきましょう。

↑↑↑ページトップへ↑↑↑

 

【中学2年】

・マスタークラス数学

1年生同様に,学年末試験対策がメインテーマになります。具体的には,教科書準拠問題集の解法修得が目標です。今年度の前半の内容,文字式・連立方程式・一次関数の扱いを補助的に扱いながら,図形の証明と確率が主な単元になります。証明が苦手というのは中学数学を勉強する者にとって永遠の課題なのかもしれません。しかし,それだって一定の練習量をこなせば達成できるラインはあるものです。証明が苦手な生徒は,ぜひ一緒に勉強しましょう。教科書レベルの問題についていうと,慣れてしまえばどうということはありません。

・マスタークラス英語

受動態および現在完了がメインターゲットになります。これらが受験上に占める重要度の大きさについての説明はいまさら言うまでもないところと思われます。これらの理解は今後の大学受験の中でも必須なうえ,文法問題や長文問題の別を問わず,基礎レベルから応用レベルまで幅広く問われることが想定されるところです。時間のあるいまのうちから基礎を頭に入れておくことは,今後の学習のあり方から有益と考えられますので,本講習会で取り扱うことといたします。

・選抜クラス数学

中1選抜同様,9月から行ってきたレギュラー授業に引き続き,全国公立共通問題レベルの過去問演習を行っていきます。中1選抜生よりも学校での既習事項が多い中2選抜生は,当然のことながら進度が速くなります。遅くとも年度内には共通問題レベルは終えますので,新年度以降は標準~難関レベルの問題パターンに着手できるようにがんばりましょう!

・選抜クラス英語

引続き中3内容のインプットと長文演習を行っていきます。その趣旨は,数学同様です。来年,受験学年となるため,春から実践レベルの入試演習を実施する素地をいまのうちから作っておく点にあります。こちらが要求するレベルは低くはありません。誰もがこなせる,といった類いのものではないと思います。覚悟して学習に臨んでください。

↑↑↑ページトップへ↑↑↑

【中学3年】

・マスタークラス数学・英語

いよいよ入試対策の総まとめの段階に入ります。冬期は明確に以下の流れを徹底して下さい。すなわち,①毎日1回入試問題を解き,②その復習をし,③かならずその日のうちに弱点を潰す。特に数学の得点をあげることが合格に直結するという塾生は例年通り多いところです。この冬期講習会は,君たちが3月に合格を勝ち取るための生命線になると心得て下さい。

・選抜クラス数学

12月のレギュラー授業終了をもって,解法パターンのインプットは一応終わります。ここからは類題の演習を通して,インプットされた(はずの)解法を実践に当てはめる訓練を積んでいきます。こうして得られるものが,入試現場での解答力です。足下に不安がある塾生は,慌てることなくこれまでレギュラー授業で実施してきた問題の解き直しに注力すること。必ず苦手の問題が試験当日に出題されるから。やればやっただけ力がつくから。愚直に,一歩ずつ。担当講師全員が君たちの味方です。あと少し,一緒にがんばろう!

・選抜クラス英語

レギュラー授業に引続き自校作・難関国私立の問題演習を行います。英語は所詮言語です。学力というよりは筋力に近いものがあります。それはすなわち,反復に勝る語学学習なし,ということです。たとえば授業で扱った長文の反復読み直し,文法問題の反復解き直しを指します。ちなみに,諸君は現段階でこれまでの授業内容をどれだけ定着できているだろうか。想像してみよう。全く同じ問題が入試の現場で出題されたとき,果たして満点ないしはそれに匹敵する得点を獲得できるかという場面を。もしも寒い思いをする選抜生がいるならば,それは復習不足による自信のなさの表れだ。即刻心を入れ替え,復習を徹底することを期待します。

・国語(α・βクラス)

全国の公立高校入試問題のうち,いわゆる共通問題にあたるもの(αは随時自校作を取り扱います。)について,問題演習を実施します。都立以外の過去問を用いる理由は,その問題の正当性と良問性です。いわゆる勉強するのにいい問題,というものですね。また,都立特有の200字作文の指導も併せて行っていきます。具体的にどのような対策をするかは企業秘密なので実際に授業を受けていただく中で味わってもらえればと思います。お楽しみに!

・理科・社会

理社については多くの説明は不要かと思います。特急講座の復習を進めながら,都立過去問の徹底反復を行いましょう。この2科は本当に点を確保できる科目です。他の教科とも重複するところですが,とにかく復習の徹底をお願いしたい。この春,第一志望に合格したければ。

↑↑↑ページトップへ↑↑↑

 Posted by at 1:41 PM

塾説明会のお知らせ

 お知らせ, 中学部  塾説明会のお知らせ はコメントを受け付けていません。
10月 202017
 

塾説明会「ベストな塾選びのために」
~塾を探していらっしゃる皆様へ~

当塾の教育理念に基づいて運営される授業を含めたシステム面について詳しくご説明差し上げます。他塾より当塾が優れているところがあるとすれば,優れたスタッフの経験と客観的データ分析に裏打ちされた進路指導の精度だと自負しています。進路選択は早ければ早いに越したことはありません。ぜひ当塾の説明会にお越し下さい。

  • [日時]10/28(土) 13:00~14:00
    11/4(土) 11:00~12:00
  • [場所]西荻塾南校

申し込みはご不要ですが,ご来場の際に個別のご相談を希望される場合はあらかじめ「お問い合わせフォーム」よりお知らせいただけると助かります。

 Posted by at 3:36 PM

夏期講習を控えて

 web通信, 中学部, 小学部  夏期講習を控えて はコメントを受け付けていません。
7月 162017
 

 

期末試験も終わり,
いよいよ21日からは夏期講習に突入です。

一部学年・クラスにおいては7月の頭から
夏期講習内容を前倒しで実施しております。

当塾の夏期講習は,
一部選抜クラスを除いては8月下旬が
テスト対策となっています。

その関係で,8月下旬までに各学年の残り内容を終わらせてしまいたい,
という価値判断に基づき,上記のような前倒し対応をしています。

さて、中3生は,
この夏を,乾坤一擲(けんこんいってき),まさに身命を賭して「やりきった夏」にしましょう。
いまの実力に見合ったランクを超える学校に合格することは,
言葉で言う以上に,実に大変な難事業です。
しかし,だからこそ挑戦する意義も大きい。
高ければ高い壁の方が,
その達成感も一入(ひとしお)です。
私たち西荻塾スタッフ全員が,君たちの味方です。
私たち全員が,君たちを応援しています。

中1・2生のみなさんは、
まずは夏期の内容をきちんと消化して、
来る2学期中間試験に備えることです。
大事なことは、
部活や習い事にかまけて宿題をおろそかにしないこと。
ここだけはきちんとしておこう。

小学生の皆さんは、学習のペースに慣れることが第一ですね。

それでは、
21日からのアツい日程を
完全燃焼で走り抜けましょう!!
がんばるぞーっ!

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 3:03 AM

西荻塾オープン模試

 お知らせ, 中学部  西荻塾オープン模試 はコメントを受け付けていません。
6月 292017
 
西荻塾オープン模試

西荻塾オープン模試

西荻塾中学部では7月に塾外生が受験できるオープン模試を実施いたします。現在の学力を確認して,長い夏休みの学習指針を立てる参考としてください。参加の費用は無料です。皆様のご参加をお待ちしています。

【西荻塾オープン模試実施要領】

  • 日程 7月8日(土)
    中3  :17時00分~21時10分(国数英各50分・理社各30分)
    中1・2:19時00分~21時20分(国数英各40分)
    ※中1・2の塾生は7/10(月)の実施です。
  • 持ち物 筆記具(中3生は軽食をお持ちください。)
  • 受験料 無料
  • 試験地 西荻塾南校
  • 試験結果の返却 およそ1週間で返却可能となる見通しです。試験結果が届き次第,教室からご連絡差し上げます。その際,恐れ入りますが,教室までお越しください。

【お申し込み】

専用メールフォームまたはお電話にてお申し込みください。

【本模試の特長】

  1. 個別成績データの出力
    偏差値を算出し、受験時における客観的な受験者の位置をお知らせします。
  2. 学習アドバイスの提示
    得点やその分布をもとに、各受験者へのアドバイスを添えて成績表をお渡しします
    重点的に強化してほしい部分などをご確認いただけます。
  3. 成績優秀者特典
    3科ないし5科総合偏差値60以上で夏期講習受講料10%off
    3科ないし5科総合偏差値65以上で夏期講習受講料25%off
    3科ないし5科総合偏差値70以上で夏期講習受講料50%off

【本模試のねらい】

[中3生]入試突破の鍵の一つは試験慣れ

入試の現場では、ある種の異様な緊張感の中で、実力を発揮しなければならないという、少々過酷な状況を受験生は強いられます。例えば平成29年度都立高校入試・共通問題の大問2では、細かい計算を強いられる場面がありました。同問題では、うまい解決方法が見つからない限り、そうした計算を避けることは難しく、時間との闘いの中で、いかに素早く、かつ、正確に正答を得るか、という状況がありました。
明暗を分ける要素の一つは、試験慣れの有無ではなかったかと私たちは考えています。本模試を通して、受験生には、試験突破の重要な要素となる試験慣れの第一歩としてもらえれば、と思っております。また、今回の結果を踏まえた学習アドバイスも十分に活用されたいと思います。塾外生についてはご希望があればということにはなりますが、塾生については全員に対して、面談の実施等により、この夏の学習のあり方を検討することといたします。過酷な受験勉強も、当塾スタッフとともに乗り越えていきましょう。私たちが全力のバックアップをお約束します。

■中3生試験範囲(※下記以外に前学年までの復習範囲が含まれます。)

  • 英語 中2までの内容・受動態・現在完了
  • 数学 展開・因数分解・平方根・復習範囲(方程式・一次関数・図形など)
  • 国語 漢字の読み書き・小説文の読解・説明文の読解
  • 社会 [地理]日本のすがた・世界から見た日本
    [歴史]大正時代・日本の大陸進出~第二次世界大戦
  • 理科 中2までの内容(電流・酸化と還元・植物の分類・地層と堆積岩)・選択問題としてイオンまたは運動

[中2生]中だるみの予防薬およびこれまでの力試しに

中2生は、夏以降、中3生の引退により部活動の中心的役割を担う必要があるなど、学校生活にかかる時間が増加する傾向があります。これに伴い、やはり勉強に手がかけられなくなるという状況、いわゆる中だるみが発生しやすいことが懸念されるところです。第一志望を都立高校と考えられているご家庭においては、要注意の学年ということになります。入試で中2範囲が問われる割合は比較的高いことや、内申点獲得にあたって、学校の先生方に悪印象を与えるきっかけになるおそれがあると考えられるからです。
このように中だるみが発生する原因の一つが、勉強に対する重要度の設定ミスがあげられると思います。要するに、目の前の学校生活等に気持ちが取られてしまい、勉強の重要度が中1生の時にくらべて相対的に低下してしまう、ということです。そこで、本模試をご受験いただき、自分の実力をためしつつ、問題点の発見により勉強の重要度を上方修正する機会としていただければと思います。また、上位校を狙う子については、選抜クラス入りを果たす、または、成績優秀者として特典を得てもらえればと考えております。そして、塾外生についてはご希望があれば、また、塾生については全員に対して、結果を踏まえた今後の学習計画のあり方について、講師陣からコメントを差し上げたいと思います。たかが偏差値、されど偏差値。上手な付き合い方をし、着実に実力を身につけていきましょう。私たち西荻塾講師陣が徹底的なバックアップをお約束します。

■中2生試験範囲(※下記以外に前学年までの復習範囲が含まれます。)

  • 英語 be動詞の過去形・過去進行形・be going to ほか
  • 数学 式の計算・連立方程式・復習範囲(比例反比例・図形)・選択問題として一次関数
  • 国語 漢字の読み書き・小説文の読解・説明文の読解

[中1生]初めての成績判定

中1生は、模擬試験自体は通算2度目ですが、成績判定がなされるのは本模試が初です。自分の得点に対して偏差値というものが算出されます。これにより、自分の学力的位置が客観的に全体のどのあたりなのか、ということがおおよそ把握されます。そこで、中1生のみなさんにお願いがあります。今後続く勉強人生において、偏差値は常について回るものとなりますが、どうぞ、これだけに振り回されないでいただきたく思います。あくまでも、受験時の自分の実力を把握し、修正・強化するきっかけとしてほしいのです。
塾外生についてはご希望があれば、また、塾生については全員に対して、結果を踏まえた今後の学習計画のあり方について、講師陣からコメントを差し上げたいと思います。たかが偏差値、されど偏差値。上手な付き合い方をし、着実に実力を身につけていきましょう。私たち西荻塾講師陣が徹底的なバックアップをお約束します。

■中1生試験範囲(※下記以外に前学年までの復習範囲が含まれます。)

  • 英語 一般動詞の文(三単現は含まず)・be動詞の文・形容詞・疑問詞(whatなど)
  • 数学 正負の数・文字式・小学生範囲の復習(割合・比・速さなど)
  • 国語 漢字の読み書き・小説文の読解・説明文の読解
 Posted by at 2:04 PM

高校受験部説明会 日程追加のおしらせ

 お知らせ, 中学部, 小学部  高校受験部説明会 日程追加のおしらせ はコメントを受け付けていません。
6月 142017
 

お読みいただいてありがとうございます、
西荻塾高校受験部の野中です。

標題の塾説明会について、日程を追加いたします。

下記の日程、
6月17日(土)13:30~
7月 1日(土)13:30~

に加えまして、

6月24日(土)14:30~

を設定いたします。
各回とも小一時間を予定していますが、
24日だけは開始時刻が違っていますので
ご注意ください。

なお、ご参加に当たっては特段のご予約などは
不要ですが、
当WEBページ内のお問い合わせフォームにて、
特に興味をお持ちのトピックなどお知らせいただければ、
当日、その内容に関するお話ができると思います。
遠慮無くおっしゃってください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

高校受験部統括 野中

 Posted by at 2:59 PM

6月17日・7月1日西荻塾高校受験部説明会について

 お知らせ, 中学部, 小学部, 新着情報  6月17日・7月1日西荻塾高校受験部説明会について はコメントを受け付けていません。
6月 122017
 

標題の説明会の時間について、
チラシ上に記載が漏れておりました。

こちらで告知させていただきます。

6月17日(土)の午後1時30分
7月1日(土)の午後1時30分

各回およそ1時間を予定しております。

なお、こちらの時間でご都合がつかないという場合には、
当WEBページ内のお問い合わせフォームより、
お越しになりやすい時間帯を教えていただければ、
対応が可能な場合がございます。
遠慮無くおっしゃってください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

高校受験部統括 野中

 Posted by at 9:54 PM

レベルアップ公開講座のお知らせ

 お知らせ, 中学部, 小学部  レベルアップ公開講座のお知らせ はコメントを受け付けていません。
6月 012017
 

西荻塾高校受験部では,定期試験に備え,また,塾通いに慣れていない小学生に慣れてもらうことも含め,レベルアップ講座を開講することにいたしました。
塾生でない方もお気軽にご参加いただければと思います。
なお,各講座は何度参加していただいても無料です。
また,当日は教材をコピーにて配布いたしますので,いずれの講座についても,持ち物は①筆記用具・②ノートで十分です。

【中3 英数レベルアップ講座】
日時:英語 6/7,14,21,28 ( 全て水曜) 18:00 ~ 19:00
数学 6/10,17,24   ( 全て土曜) 18:00 ~ 19:00
内容:英語 不定詞と受動態の総まとめ
数学 平方根の総まとめ

【中2 英数レベルアップ講座】
日時:数学 6/7,14,21,28( 全て水曜)18:00 ~ 19:00
英語 6/10,17,24( 全て土曜)   18:00 ~ 19:00
内容:数学 式の利用,連立方程式まとめ
英語 過去・未来総まとめ,定期試験リハーサル

【小6 算国社レベルアップ講座】
日時:国社 6/16( 金),26( 月),7/3( 月),10( 月)
算数 6/19( 月),23( 金),30( 金),7/7 ( 金)
全日17:00 ~ 17:50
内容:国社 資料の読み方,作文の書き方
算数 計算力の向上,応用問題トレーニング

【小5 算国レベルアップ講座】
日時:国語 6/19,7/3( 全て月曜)  17:00 ~ 17:50
算数 6/26,7/10( 全て月曜)  17:00 ~ 17:50
内容:国語 長い文章の読み取り
算数 計算力の向上,文章問題トレーニング

 Posted by at 1:54 PM

都立高合格率の高さの理由

 お知らせ, 中学部  都立高合格率の高さの理由 はコメントを受け付けていません。
3月 092017
 

「3つの要素がしっかりできれば都立は合格できる。3つの要素に力を入れた都立合格への進路指導。」

【総論】

都立入試が国・私立入試と異なる点は情報が多く「分析」しやすいところです。得点層の分布や倍率が最たるものではないでしょうか。分布表からどれくらいのレベルの受験者が集まってきているのかを把握し倍率から例年との差異や他校との比較を通してさまざまな志望校選択を取ることが可能になります。

また、志望校の「選択」肢を多く持つことが合格率を高める要因にもなります。例えば、志望校が高倍率になってしまった時、その学校と同程度の合格実績が出ているにもかかわらず、低倍率な学校(いわゆるお買い得学校)が存在する場合があります。そのようなときに、志望校を1つしか見ないのではなく、その選択の幅を持たせることで合格の可能性が飛躍的に高まります。

さらに、都立は、問題の「対策」をしやすい入試といえます。近年はマークシートの導入もあり、より解きやすくなっています。内申点とともに当日どれくらいの得点があれば合格できるのかについて、生徒に明確に伝えることができれば、どこに時間をさくべきなのかといったアドバイスもしやすくなります。効率的な入試対策の下、試験本番でどのようにして合格に必要な得点を取るかが都立合格のカギになります。

当塾ではこれらのことを踏まえ、以下の3点に力を入れ進路指導をしています。過去のデータからきちんとした「分析」をすること。塾生および保護者の方と協力し合い学校選びの幅を可能な限り広げていき、納得した「選択」をしてもらうこと。明確な数字を示した受験「対策」を行うこと。これらの「分析」・「選択」・「対策」を間違えなければ都立は合格できるのです。

【各論】

分析 「過去問分析から授業へ」

当塾では、毎年過去問を分析するところから始めています。この分析から、来年度につながる傾向や難易度を読み取り、その内容を授業に反映するようにしています(例えば、社会では歴史はまず時代の大まかな流れをとらえることを優先したり、英語は夏以降長文に特化したりしていく、など)。また、授業内で難易度が高い問題をどこまで扱うべきか、あるいは逆に、基礎を徹底させるべきかといった、クラスの習熟度に応じた判断ができるように日々研究を重ねています。

選択 「3段階に分けた志望校選び」

毎年都立で行われる学校説明会や文化祭の見学をお願いしています。そして、学校選びについても、①現状よりも偏差値が高いグループ、②今と同じ程度のグループ、③一つ下げたグループと、様々な偏差値から学校を見てもらうようにお願いしています。また塾内テストや模試の結果を踏まえて、こちらから志望校を提案・提示する指導も行っています。このような重層的な指導により、倍率や成績の上下にも柔軟な選択が可能になります。

対策 「模試や都立リハーサルから目標点の提示」

毎年7月から、塾では外部模試を月に必ず1度は受験するように指導しています。狙いは、単なる試験慣れのためにとどまらず、試験結果が返ってきた段階での面談を実施することです。この中で、成績から逆算して本番の試験で合格得点までどれくらいの差があるかを、具体的かつ客観的に数字でお伝えするようにしています。この面談によって、生徒一人一人が自分の成績に興味を持ち、より積極的な学習の実施につながります。

また当塾では、毎年1月下旬に、入試本番と同じ時間割で入試問題を解くリハーサルを行っています。当日に採点を行い出てきた得点から、倍率・内申点を含めてより正確な合格率の計算をしています。これをもとに進路指導を行い志望校選択や当日の必要得点などを明確に提示していきます。また当日に必要な点数を示すことによって、残り1か月でどの科目に力を入れるのか、各科目について何をきちんと正解しなければならないのか、といった具体的なアドバイスをし、より効率を高めた学習指導を行っています。

 Posted by at 7:57 PM

平成29年度高校入試報告会

 お知らせ, 中学部  平成29年度高校入試報告会 はコメントを受け付けていません。
2月 282017
 

三寒四温と申しますが、日増しにあたたかくなり、いよいよ春はもうすぐそこという今日この頃、保護者の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

さて、西荻塾高校受験部では、以下の日程において表題のように今年度の入試結果を踏まえた今後のお子様の勉強の在り方に関するお話を差し上げたいと思います。ご参加を希望される場合は、3月14日(火)までに塾までお電話にてご連絡いただくか(電話番号は右上の「アクセス」の表示をご確認ください),「お問い合わせ」ページよりメールにてご連絡ください。なお、お子様の学年(新学年)によって実施時間帯が分かれておりますのでご注意ください。

西荻塾に興味をお持ちの塾外生の保護者の方もご参加いただくことができます。塾の指導の方法などについてもお話が及ぶことと思いますので,ご参加くださいませ。

また併せてお尋ねになりたいことなどございましたら、上記方法にてお知らせくださいませ。

【日時・場所】※開催日時と会場が変更となりました。[17/03/03]

  • 新中学3年生の保護者の方対象

3月18日(土)11:00~12:00/西荻塾西荻南校にて

  • 新中学1・2年生の保護者の方対象

3月18日(土)13:30~14:30/西荻塾西荻南校にて

 Posted by at 5:02 PM