4月 152015
 

【第1回】中2までの大切さ

英語を教えるようになってかれこれ20年近くが経過しました。教え始めてまもなく、都立の入試にリスニング・自由英作文が導入され、自校作成の学校が独自に問題を作り始めました。今では当然のようになっていますが,当時は画期的なことで大変驚いたことを昨日のようによく覚えています。それから、会話重視という方向性が打ち出され、それまで重視されてきた英文法の重みは低下していきました。そして近年,小学校で英語を授業の中で扱うようになり、いよいよ英語教育は新しい時代に入り始めているな、という印象を受けています。

そんな中で教えて変わらないな、と感じることも少なくありません。その大きなひとつは、中2までの内容がしっかり頭に入っている生徒で、その後中3で成績が崩れるのをほとんど見た経験がない、というものです。そればかりか、そこまでに鍛えられた生徒は、中3で学ぶ文法事項はたいてい苦もなく身につけていってしまい、基礎がしっかりしていない生徒が苦しんでいる傍らでスイスイできるようになっていってしまうということです。この印象は教え始めた当初からまったく変わっていません。中2までの内容が頭に入っているかどうかを測るためには、英作文をしてもらった際に、スムーズに書けるかどうかを基準にしています。考えてあれこれ作っているうちはまだまだ十分とは言えない。見てすぐ書ける力が必要だと考えています。

したがって、中2までの内容がしっかり頭に入っていないと判断した場合は、その復習をとる時間を確保する必要があると考えます。これをまとめて中3の夏休みにやろうとするとあまりの分量の多さに消化不良になってしまうことが少なくありません。夏前までにコツコツとできる限り埋め合わせをしていって、夏休みにまとめて頭に叩き込むということになります。

中1の英語についても同様のことが言えます。中1の内容がしっかり入っていると、中2に入っても順調であるケースが多いです。そう考えると、中1で決まるとも言えなくはないのですが、注意が必要です。中2の夏を過ぎて、不定詞、動名詞、接続詞、文型、比較、受動態と重い項目がめじろ押しになってくると、処理しなければならない事柄は中1とは比較にならないほど多くなってきます。ここで半端に身についたまま進んでしまうとせっかくの貯金を使い果たしてしまうことになります。逆に言うと、このあたりがしっかりできているかどうかが中学英語ができるかどうかの分水嶺になると思います。

中1については書きたいことがまだまだたくさんありますので、次回にいたします。一定のペースで書き綴っていく予定ですので、よろしくお願いいたします。

中学部英語担当:鈴木

 Posted by at 7:30 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.