3月 092017
 

「3つの要素がしっかりできれば都立は合格できる。3つの要素に力を入れた都立合格への進路指導。」

【総論】

都立入試が国・私立入試と異なる点は情報が多く「分析」しやすいところです。得点層の分布や倍率が最たるものではないでしょうか。分布表からどれくらいのレベルの受験者が集まってきているのかを把握し倍率から例年との差異や他校との比較を通してさまざまな志望校選択を取ることが可能になります。

また、志望校の「選択」肢を多く持つことが合格率を高める要因にもなります。例えば、志望校が高倍率になってしまった時、その学校と同程度の合格実績が出ているにもかかわらず、低倍率な学校(いわゆるお買い得学校)が存在する場合があります。そのようなときに、志望校を1つしか見ないのではなく、その選択の幅を持たせることで合格の可能性が飛躍的に高まります。

さらに、都立は、問題の「対策」をしやすい入試といえます。近年はマークシートの導入もあり、より解きやすくなっています。内申点とともに当日どれくらいの得点があれば合格できるのかについて、生徒に明確に伝えることができれば、どこに時間をさくべきなのかといったアドバイスもしやすくなります。効率的な入試対策の下、試験本番でどのようにして合格に必要な得点を取るかが都立合格のカギになります。

当塾ではこれらのことを踏まえ、以下の3点に力を入れ進路指導をしています。過去のデータからきちんとした「分析」をすること。塾生および保護者の方と協力し合い学校選びの幅を可能な限り広げていき、納得した「選択」をしてもらうこと。明確な数字を示した受験「対策」を行うこと。これらの「分析」・「選択」・「対策」を間違えなければ都立は合格できるのです。

【各論】

分析 「過去問分析から授業へ」

当塾では、毎年過去問を分析するところから始めています。この分析から、来年度につながる傾向や難易度を読み取り、その内容を授業に反映するようにしています(例えば、社会では歴史はまず時代の大まかな流れをとらえることを優先したり、英語は夏以降長文に特化したりしていく、など)。また、授業内で難易度が高い問題をどこまで扱うべきか、あるいは逆に、基礎を徹底させるべきかといった、クラスの習熟度に応じた判断ができるように日々研究を重ねています。

選択 「3段階に分けた志望校選び」

毎年都立で行われる学校説明会や文化祭の見学をお願いしています。そして、学校選びについても、①現状よりも偏差値が高いグループ、②今と同じ程度のグループ、③一つ下げたグループと、様々な偏差値から学校を見てもらうようにお願いしています。また塾内テストや模試の結果を踏まえて、こちらから志望校を提案・提示する指導も行っています。このような重層的な指導により、倍率や成績の上下にも柔軟な選択が可能になります。

対策 「模試や都立リハーサルから目標点の提示」

毎年7月から、塾では外部模試を月に必ず1度は受験するように指導しています。狙いは、単なる試験慣れのためにとどまらず、試験結果が返ってきた段階での面談を実施することです。この中で、成績から逆算して本番の試験で合格得点までどれくらいの差があるかを、具体的かつ客観的に数字でお伝えするようにしています。この面談によって、生徒一人一人が自分の成績に興味を持ち、より積極的な学習の実施につながります。

また当塾では、毎年1月下旬に、入試本番と同じ時間割で入試問題を解くリハーサルを行っています。当日に採点を行い出てきた得点から、倍率・内申点を含めてより正確な合格率の計算をしています。これをもとに進路指導を行い志望校選択や当日の必要得点などを明確に提示していきます。また当日に必要な点数を示すことによって、残り1か月でどの科目に力を入れるのか、各科目について何をきちんと正解しなければならないのか、といった具体的なアドバイスをし、より効率を高めた学習指導を行っています。

 Posted by at 7:57 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.