指導方針

 

このページでは西荻塾中学部の指導方針についてご紹介いたします。

塾の指導の理念は下記をご覧ください。

西荻塾独自のカリキュラム設定方法である「西荻メソッド」に基づく具体的な内容は,以下の目次から各ページをご覧ください。

【指導の基本方針】

●公立高校入学を絶対に確保する。

世の中に数々の入学試験はあれど、高校受験ほどのちの人生に影響を与えにくい試験はないといえるかもしれません。高校入試は実にちっぽけなことだと思います(もっとも、当塾は高校入試を軽視するものではありません。後述。)。高校入試の結果がその後の人生に決定的に影響した!と言う方、それほど多くないのではないでしょうか。

ところで、当塾へのご入塾をご検討いただいている保護者様におかれましては、お子様にどのような教育をご期待されているでしょうか。それは十人十色ではありましょう。ただ、多くの方が大学進学をご希望されていること、この一点は十人一色、とまではいかなくとも二、三色というほどには共通なのではないでしょうか。

当塾では高校入試は大学入試突破の通過点ととらえております。これは、大学入試突破を果たすための環境づくりの意識が高校入試には必要だということです。

では、大学入試突破のための環境として最適な高校選びとはどうあるべきでしょうか。

この点については、都立校をはじめとする公立高校、これがありうる直接な解答ではないでしょうか。理由は費用の低廉さです。

ご存じの通り、大学入試を独学で突破することは極めて困難です。予備校・塾へのコストはほぼ間違いなく計算しておかねばならないでしょう。そうだとすれば、とにかくコストの安い公立校にこだわることは目標との関係から極めて合理性のある選択だと判断するものです。

当塾は高校部を併設していることから、全スタッフが一体的に大学入試の突破を見据えた進路指導を心掛けています。高校入試と大学入試をトータルで考える当塾だからこそ採りうる指導方針だといえるでしょう。

●大学入試を見据えた教育の一貫性

既述の通り、当塾は大学受験部を併設しています。つまり、一貫教育が可能な体制が整っています。

通常の塾との違いを説明いたします。通常の塾の場合、例えば中学3年生の受験終了までとのちの大学受験とが分断されています。こうした場合、高校1年生になった解放感で多くの学生は勉強に対する集中が途切れるのです(有り体に申して遊びまくるのです)。そして学力的に(その子の本来の能力からすれば)衰えた状態で大学受験の勉強をスタートさせることになります。また、そのとき通う予備校は、その子にとってあらたな環境でしょう。受験勉強の負荷を思い出しつつ、新たな環境に身を置くことは、子どもによってはかなりのストレスになります。そうした環境に慣れることにもエネルギーを割かねばならなくなるでしょう。

これに対して、当塾ではもともと大学受験をとらえた長いスパンで受験を一体的に捉えていますから、高校受験後にはそのまま高校部へ「進級」することになります(当塾には中学卒業という概念は存在しません)。そうすると、他塾の場合と異なり受験勉強からの心理的距離が過度に離れることなく、かつ、勉強習慣が薄まり学力が衰えるといった最悪のケースを招くこともなく一貫して受験勉強に邁進することが可能なのです。しかも通いなれた教室、ともに学びあった仲間や講師という身近な環境で勉強を継続できるということから、心身のエネルギー・ロスは可及的に軽減できます。こうした教育の一貫性は当塾の魅力の一つと自負しているところです。

●以上を踏まえた当塾の高校入試観

ここまで述べてきたことから、当塾がいかに高校入試を「重視している」かが伝わったことでしょう。念のため振り返りましょう。

冒頭、高校入試はちっぽけ、と申しました。しかし、高校入試は大学受験の通過点、とも申しました。つまり、高校入試は、後顧の憂いなく大学受験に立ち向かうための重要な地位を占めているということです。
一貫教育を志向する当塾だからこそ、高校入試を重視するのです。したがって、他塾とはその眼差しは異なります。一回的な受験結果をのみ追求することではなく、大学受験結果までをも見据えた成果を追求するのが当塾の高校入試に対するスタンスです。

【授業の基本方針】

●たとえば暗記を軽視しない

覚えるべきことを覚えずしてどこへも合格することはできません。当塾はすべてを詰め込みで乗り切ることは全く考えておりませんが、柔軟な思考力の養成こそが重要云々という美辞麗句のみを用いて受験生を惑わせることは致しません。覚えるべきことはきちんと覚える。これこそが基礎力となり、基礎は新たな理解を呼び寄せ、ここに初めて柔軟な思考力が養成されることとなるのです。

個々のお子様の第一志望校の水準は、必ず現状の学力を超えているはず。となれば、その間隙を埋めるため、一定量の基礎は絶対に必要です。このとき、講師の側は厳しいことを強いることができなければなりません。

当塾はこうした厳しさをおざなりにしては絶対に生徒の実力は伸びないということを直視しています。具体的には毎回の授業で単語や計算、前回の授業内容の復習にかかる小テストを実施しています。これらが目標校の合格という崖を駆け上がるためのスモール・ステップとなるのです。

●フォローなくして塾を名乗れず

もっとも、厳しいだけでは子どもの実力は伸びません。それだけでは、むしろ学びに対する消極的な態度を植え付けかねません。

そこで、当塾ではフォローアップの体制も重視しています。具体的には通塾日以外での個別フォローの実施、自習室開放、常時質問受付などなど。フットワークの軽さこそが大手塾にない魅力の一つです。できないことはできないとお返事差し上げることにはなると思いますが、可能な限り対応できるよう検討致します。行き詰まりや不安などを感じられましたら、とにかく一本、教室へお電話ください。

●そして思考力の養成も当然重視

以上のような基礎力の確保のもと、思考力を鍛える段階に入ります。とはいえ、このことは実のところ常日頃の授業の中で実践されているのです。
当塾の授業スタイルは、講師が発問、全員の思考を促したのちにランダムで指名、その応答や新たな視点といった生徒の反応を授業に取り込む、すなわち対話型授業です。つまり、当塾の生徒は日ごろの授業の中で常に基礎力を身につけることと思考力を身につけることの双方を実践していることになります。

また、かような授業スタイルをとる理由は、授業の品質を確保することにもあります。よくある講義調の授業スタイルでは子どもの集中はもちませんし、なにより授業がたいへんつまらなくなります(一般的に大学の講義が退屈なのはここに理由があります)。

 Posted by at 2:10 PM