6月 252017
 

これまでにすでにテストの終わった学校があれば、

明日以降にテストが始まる学校もあります。

 

今日まで筆者が当番になって塾生のみを対象とした、日曜日の特別講座、

「もっとレベルアップ講座」を開催してきました。今日はその最終日でした。

もっとも、直前期になると、技能教科の準備・提出物の準備に手一杯で、

なかなか対策授業という流れにはなりにくかったですかね。

筆者としても、勉強は総合点の勝負になることを重視しますので、

直前期に授業を強制することはしませんでした。

従いまして、標題の通り、教室開放、というにとどめることとなったのでした。

 

ただ、今回の教室開放は大変充実していたと思います。

まず、それぞれが自己の課題に取り組み、そのなかで疑問が生じれば、

その場で講師に質問。解説を受け、その場で理解し類題に挑戦…

という流れがほぼ全員に徹底されていたのではないかと思います。

とはいえ、長丁場でしたから緊張感の切れた者からおしゃべりが始まる…

ということもありました。

しかし、そこは、自習時間を1コマおよそ50分、休憩10分と明確に区切ることで、

適度な緊張感を持続できたのではないかと思います。

 

いやー、それにしても今回、筆者的にきつかったのは技能教科の質問ですかね。

荻窪中は音楽で調号の判定などが出題範囲に入っているようなのですが、

なにしろこちらは楽譜を読めない人間なので、

手がかりは塾生の持っている学校のプリントのみです。

インターネットも参照しましたが、内容が専門的すぎてあまり参考になりませんでした。

プリントを塾生と囲んであーでもないこーでもない議論をし、

音楽ド素人の筆者は、調号判定ができるようになってしまいました(!)。

その後、少しだけプリントの内容に沿って板書による説明をしました。

内容にあんまり自信はありませんが、大要当たっているだろうと思います。

 

西荻塾高校受験部、技能教科のできる先生にも来てほしいなぁと本気で思った1日でした。

明日以降、最終番のテスト組が期末を迎えます。

最後まで油断せず、諦めず、可能な限り勉強の成果を答案に表現してきてほしいなと

祈りながら、今日は筆を置くとします。

 

追伸

通常のレベルアップ講座はまだ日程が残っています。

テスト終了後も開催はしますので、塾生も塾外生も参加をお待ちしています。

 

高校受験部統括 野中

 Posted by at 6:54 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.